解説を読んで矯正歯科への理解を深めよう

審美歯科で行う治療にホワイトニングと言うものがあります。
審美歯科では虫歯や歯周病といった通常の歯科の治療に加えて審美的な治療も行います。


審美歯科のホワイトニングと言うものは歯に薬剤を塗ったりレーザーを当てることによって歯を白くする治療のことです。こういったホワイトニングの治療は歯を削る必要がありませんので、簡単に短時間で行う事ができますので患者の負担が少なくてすみます。中でもレーザーによるホワイトニングは効果があります。

審美歯科のレーザーによるホワイトニングの流れとしては、まず歯の着色の状態がどの程度のものか調べます。色の測定には専用の装置を使って正確に測定します。


それに沿って治療の方針を決めます。次に歯の汚れなどを十分に取り除いてから、薬剤を歯に塗ります。
この薬剤は効果が大きいものですので歯茎にはつかないようにする必要があります。

この段階で初めてレーザーを歯に照射します。


レーザーは目に有害なので患者さんには目隠しをして行います。歯の1本1本に丁寧にレーザーを当てていきます。

1本あたり30秒ほど照射します。

お勧めのmitechcomputers.comの分かりやすい情報はこちらです。

これが審美歯科のレーザーによるホワイトニングの大体の流れなのですが、治療後のケアも大切になってきます。

特にホワイトニングの直後は歯に色がつきやすい状態ですのでしばらくは色の濃いものを口にするのは避けたほうがよいようです。

その後もコーヒーやワインなどは口にしたらその後はすぐにうがいや歯磨きをする必要があります。
歯が白くなっていますので従来よりも着色が目立ちやすくなっています。

審美歯科にはこのようなレーザーによるホワイトニング以外にも薬剤のみで行うホワイトニングもあります。薬剤のみで行うホワイトニングはレーザーのホワイトニングよりも歯に対する負担を軽くできますので、短期間に何度も治療を行うことができます。
これによって人によってはレーザーによるホワイトニングよりも薬剤のホワイトニングのほうが効果が上がる場合もあります。